まえがき 

このプロジェクトでは、お絵かきができるプログラムを作ります!

ステップ1:えんぴつを作る

まず、ステージでお絵かきをするえんぴつを作ります。

チェックリスト

  • 「お絵かきの箱」という名前のスクラッチ・プロジェクトを開きます。オンラインで開く場合はこちらjumpto.cc/paint-goから、オフラインエディターを使う場合はこちらjumpto.cc/paint-getからダウンロードして、プロジェクトを開きます。

    えんぴつと消しゴムのスプライトが出てきます。

    screenshot

  • マウスを使ってお絵かきするので、えんぴつがマウスの動きにずっとついていくようにします。えんぴつスプライトにこのようなコードを入れます。

        ⚑ がクリックされたとき
    ずっと
        [マウスのポインター v] へ行く
    end

  • フラグ(⚑)ボタンをクリックすると、プログラムを動かすことができるので、ステージの中でマウスをぐるぐる動かしてみましょう。

  • 次に、もしマウスが押された状態じょうたいであればえんぴつで線を書けるようにしてみましょう。えんぴつスプライトにこのコードを足しましょう。

    screenshot

  • もう一度テストしてみましょう。今度は、マウスを押しながらえんぴつをステージの中で動かします。うまく絵がかけましたか?

    screenshot

プロジェクトを保存してください

ステップ2:色えんぴつ

色えんぴつをプロジェクトの中に作って、好きな色をえらべるようにしましょう!

チェックリスト

  • まず、えんぴつスプライトをクリックし、「コスチューム」のところから「pencil-a」のところを「青えんぴつ」にかえます。「青えんぴつ」コスチュームで右クリックし、「複製ふくせい」をえらびます。

    screenshot

  • 新しくできたコスチュームを「緑えんぴつ」に名前をかえて、えんぴつを緑色をにぬりつぶします。

    screenshot

  • 青や緑のえんぴつをえらぶための、新しいスプライトを2つ作ります。

    screenshot

  • 緑のアイコンをクリックしたときに、とくべつなメッセージを送ることによって、コスチュームとえんぴつの色をかえられるようにします。

    そのためには、まず緑色のアイコンのコードをこのようにします。

        このスプライトがクリックされたとき
    [緑 v] を送る

    送るというブロック内にあるメッセージの下ボタンをクリックして、「新しいメッセージ」をえらびます。

    screenshot

    メッセージ名に「緑」と入力して、新しいメッセージを作ります。

    screenshot

  • メッセージを受け取ったときにどうするかを、えんぴつスプライトのコードでこのようにします。

        [緑 v] を受け取ったとき
    コスチュームを [緑えんぴつ v] にする
    ペンの色を [#00ff00] にする

    えんぴつを緑色にかえるために、ペンの色を…にするというブロック内にある四角い色ボタンをクリックしてから、緑のアイコンの緑色の部分をクリックします。

  • 青えんぴつも同じように、青のアイコンのコードをこのようにします。

        このスプライトがクリックされたとき
    [青 v] を送る

    そして、えんぴつスプライトのコードをこのようにしましょう。

        [青 v] を受け取ったとき
    コスチュームを [青えんぴつ v] にする
    ペンの色を [#0000ff] にする

  • プログラムをスタートさせたときに、まず初めに画面を全部を消してから、えんぴつのコスチュームや色をえらべるようにします。えんぴつスプライトの初めの⚑ がクリックされたときのコードをこのようにします。(ずっとループがあるところの前)

        消す
    コスチュームを [青えんぴつ v] にする
    ペンの色を [#0000ff] にする

    好きな色のえんぴつで始まるようにしてみましょう!

  • できあがったプログラムをテストします。うまく色を切りかえられましたか?

    screenshot

プロジェクトを保存してください

ステップ3:まちがえたとき

お絵かきをしていると、時にはまちがえてしまうこともあります。ステージを全て消す「×」ボタンと、消しゴムを作りましょう。

チェックリスト

  • ステージを全て消すためのボタンを作りましょう。「X-block」というスプライトをステージの中におき、赤くぬりつぶします。

    screenshot

  • クリックしたときにステージを「消す」ように、「×」ボタンにコードをこのようにしましょう。

        このスプライトがクリックされたとき
    消す

    他のスプライトでも同じですが、わざわざメッセージを送らなくても、ステージ全体を消すことができます!

  • えんぴつのコスチュームの中に、消しゴムがあることに気がつきましたか?

    screenshot

  • プロジェクトには消しゴムをえらべるスプライトが入っています。右クリックして「表示ひょうじ」をクリックします。ステージはこのように見えるはずです。

    screenshot

  • 消しゴムボタンをクリックした時に切りかわるようにするには、まず「消しゴム」メッセージを送ります。消しゴムスプライトにコードを足しましょう

        このスプライトがクリックされたとき
    [消しゴム v] を送る

  • えんぴつがこのメッセージを受け取ったとき、コスチュームを消しゴムにかえて、ステージをなぞったときの色を白にしてしまえば、消しゴムのできあがりです!

        [消しゴム v] を受け取ったとき
    コスチュームを [消しゴム v] にする
    ペンの色を [#FFFFFF] にする

  • ステージをXボタンや消しゴムで消せるかテストしてみましょう。

    screenshot

  • えんぴつにはもう一つ問題があります・・・ステージのどこにでも線をかけてしまいます。ボタンの近くにも!

    screenshot

    これをうまく直すためには、えんぴつのYの位置いちが-120以上(マウスのy座票> -120)のときだけ書けるようにすればよいのです。えんぴつのもしブロックをこのようにかえましょう。

    screenshot

  • もう一回テストすると、ボタンの近くには書けなくなっているはずです。

    screenshot

プロジェクトを保存してください

ステップ4:えんぴつの太さ

いろいろな太さのえんぴつで書けるようにしましょう。

チェックリスト

  • まず「はば」という変数へんすうを新しく作ります。やり方が分からなければ「ゴーストバスターズ」のプロジェクトをヒントにしましょう。

  • えんぴつのコードに下のコードをずっとループに入れてみます。

        ペンの太さを (幅) にする

    えんぴつの太さが、変数へんすうとずっと同じになりつづけます。

  • ステージにある「はば」の変数へんすうを右クリックして、スライダーを使ってかえることができます。

    screenshot

    スライダーを左右に動かして数字をかえてみましょう。

    screenshot

  • えんぴつの太さがうまくかわっているかテストしましょう

    screenshot

    さらに、「はば」が大きすぎる数や小さすぎる数にならないようにすることができます。もう一度ステージの変数へんすうを右クリックし、「スライダーの最小値さいしょうち最大値さいだいち設定せってい」をえらびます。1から20までにすると、ちょうど良くなるでしょう。

    screenshot

    すきな太さになるように、「はば」の数字をかえてみましょう。

プロジェクトを保存してください

チャレンジ:ショートカット

キーボードショートカットを作れますか? 例をいくつか示します。

  • b = 青えんぴつを使う
  • g = 緑えんぴつを使う
  • e = 消しゴムを使う
  • c = 画面をクリアする

方向キーでえんぴつの太さを変えるショートカットも作れます!

プロジェクトを保存してください

チャレンジ:えんぴつの追加ついか

赤えんぴつ、黄色えんぴつ、黒えんぴつを追加できますか? わからなくなったら、「ステップ2」を見てみましょう。追加ついかしたえんぴつのキーボードショートカットも作りましょう。

追加ついかしたえんぴつでお絵かきできますか?

screenshot